古本市場について

古本市場について

自分は今年の3月に愛蔵の漫画とゲームを一括で売らさせていただきました。漫画の種類はメジャーなものであれば、ドラゴンボール、地獄先生ぬーべーなどです。ゲームであれば、PS2、PS3本体と、ソフト合計20本ほどです。合計で約50000円の買取をおこなっていただきました。じぶんは昔からですが、ゲームや漫画が大好きであり、それで学生から現在までは休日を活用させてゲームばかりをさせていただきました。ですが、仕事のほうが忙しくなってしまい、中堅社員として働いているので、仕事なども求められるレベルがあがってきているので、没頭をしている時間がなく、去年に結婚をさせていただいて、妻からもいい歳でやめてくれと忠告を受けて、売却を決意させていただきました。自分が古本市場を活用させていただいたのは、地元にあるというものそうでありますが、会員をしております。1000円に対して1ポイントがつきます。このポイントはこちらの古本市場で現金代わりに活用することができます。今回は50000円なので、500ポイントがつきました。高いとは思いませんが、何もつかないよりはいいと思います。
 私は数年前に初めて買い取りサービスを利用し、本や服、ジャンク品などを売りました。もちろん、自分の使わないものだし、金額に期待してはいけないのは分かってはいましたが…。
 結果としては、金額的には良いとは言えないような低額でした。持っていった量は少なくはなかったように思います。おそらく買い取り金額は数百円程度だったと思いますが、これだと交通費の方が高くついてしまい、損をしたように感じました。値段のつかないものもいくつかあり、処分してもらいました。服は季節的なこともあったようですが、全く知らなかったので、その時は色々な季節のものを持っていってしまいました。売りに行く場合は、季節やキャンペーンなどを事前に調べていくのも必要だと感じました。
 買い取り金額には難しいと思いましたが、「リサイクル」「エコ」と考えたら、良いのかもしれません。なかなか自分が捨てられなかったものが再利用されるのはプラスですので。さらに、使わなくなったプリンターなどを数十円程度でも買い取ってくれたのは助かりました。もし、自分で捨てる場合だとお金がかかってしまうこともあるので。しかし、今後も買い取りサービスを利用したいかと聞かれたら、利用しないのではないかと思います。

page top